Decollte & company

Decollte & company

プランナーの仕事に誇りを持てるのは、デコルテのカメラマンへの信頼があるから。

プランナー

有木 沙弥香

Q.デコルテに入社した理由

元々は国際線のキャビンアテンダントをやっていました。仕事で訪れる先々の海外で写真を撮るのが趣味でした。その後、退職して写真に関係する仕事をやりたいなと思っていたところデコルテを知りました。ホームページに載っている写真がとてもオシャレで、新規スタッフを募集していたので応募しました。未経験からもカメラマンを目指せることも魅力だったのですが、現場に付いていった時の仕事ぶりを見て「プロはやはりすごい」と衝撃を受けました。自分がカメラマンを目指すには遠く及ばないと思ったと同時に、いっしょに働けるこんなすごい人たちをもっとアピールしたいと思いプランナーになることを決心しました。

Q.プランナーの仕事とは

デコルテの特徴は、カメラマンがお客様と打ち合わせをしてどんな写真を撮るか提案まで行うことです。そんな会社において「プランナーって何をしているの?」と聞かれることもよくありますので、ご説明いたします。基本となるのはお客様の対応です。お話をお伺いして、その方のイメージに最適なカメラマンやヘアメイクをご紹介させていただきます。より具体的な提案はカメラマンが行うとしても、最初のイメージやフィーリングが合わなければ台無しになってしまいます。お客様のご希望をお伺いし、スタッフのことを誰よりも信頼している私が自信を持ってアテンドをさせていただく。そんな役割に使命を感じています。他にも、ブライダルフェアの企画をまとめたり、新入社員への接客研修なども務めています。

Q.デコルテのカメラマンの魅力とは

カメラマンに大切なものはコミュニケーション力だと思います。お客様の個性を引き出し、その魅力を活かすことで、想像できなかった自分の一面が表現された写真を撮ることができるからです。プランナーという立場で仕事をしていて、デコルテのカメラマンはそこが本当に凄いと感じています。受賞歴やアート的な評価も大切ですが、その1枚に対してお客様にどれだけ満足していただけるかも大切なことだと思うのです。

私の野望は、デコルテにいるカメラマンをもっと外に発信することです。尊敬できる仲間をたくさんの人たちに知ってもらいたいので、お客様との打ち合わせや、全社的に取り組みだしたWPPIへの応募方法を調べるなどの仕事に誇りを感じています。デコルテに就職を考えている人にはもちろん、撮影を考えているお客様にもこのページを読んでいただきたいなと思っています。

Q.今後の目標は何ですか

もっとたくさんのことを知りたいなと思っています。仕事のことはもちろんですし、プライベートでも様々なことを経験したい。人生はどんどん新しいことに挑戦するのが楽しいと思っています。デコルテに転職を決めたのも、そんな想いから。社内には困った時に相談できるスタッフが揃っていますし、上司も真剣に話を聞いてくれる風通しがよい雰囲気なので働きやすい環境だと感じています。

これからデコルテに入ってくる人たちにも、いっしょにチャレンジしていきたい。好奇心旺盛で、何事にも楽しんで取り組むことができる人と働きたいと思っています。

OTHER MESSAGE

COPYRIGHT ©DECOLLTE CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.